明日への扉

コスメ&美容に興味あり。オススメのコスメやモニター当選品のレビューなど、自由気ままに書きます。

新しいページ | PAGE-SELECT | 過去のページ

 スポンサーリンク

≫ EDIT

やっぱり下車なのね・・・

こんばんは
何だかやっとで病み上がりのダルさから抜け出せたような気がします
まだ咳は止まりませんが、それでも薬に頼らなくても済む程度に。

このブログに来て下さる方の中にも体調を崩されている方がいらっしゃったり、ご家族の方が風邪やインフルの方もいらっしゃるようなので、どうかお大事になさって下さいね。


1月30日放送『SHOW CHAMPION』




1位チュカヘ~~

SHOW CHAMPION Twitterより
BB0eL38.png
BB1q.jpg
BB0kAXrC.jpg
BB1CBN.jpg

The FNC メイキング


안녕하세요. 기타치는 종현입니다! 오늘 쇼챔피언 라이브 사전녹화도 보이스 여러분들 덕분에 잘 마칠수 있었습니다 감사합니다!!^^
BB.jpg
訳)
こんにちは。ギターを弾くジョンヒョンです!今日のSHOW CHAMPIONのライブ事前録画もBOICEのみなさんのおかげでうまく終える事ができました。ありがとうございました!!^^



イジュン&ヨンソカップルは結局こういう結果になってしまったようですね。(みみた116さん、情報ありがとうございます!)

「私たち結婚しました」MBLAQ イジュン&オ・ヨンソ、遅すぎた別れは傷を大きくしただけだった

彼らの“不名誉退場”…「私たち結婚しました」制作スタッフの対応の立ち遅れがもたらした悲劇
オ・ヨンソのスキャンダルで話題となったMBC「私たち結婚しました」のMBLAQ イジュン&オ・ヨンソカップルの降板が公式発表された。2人がスケジュール調整を理由に「私たち結婚しました」の制作スタッフに公式的に降板を要求し、戻れない橋を渡ってしまった形となった。これでイジュン&オ・ヨンソカップルは「私たち結婚しました」合流5ヶ月ぶりに「立ち遅れた」別れを迎える。

何故「私たち結婚しました」はイジュン&オ・ヨンソを手放せなかったのか
イジュン&オ・ヨンソカップルの降板は、実はある程度予想されたことだった。世間を騒がせたオ・ヨンソのスキャンダルで視聴者の失望が限界にまで達した状況だったからだ。「私たち結婚しました」はとにかく“リアル”を掲げた番組だ。そのため、この類のスキャンダルはとても致命的だ。番組のアイデンティティと真摯さが根っこから揺らいだと言っても過言ではない。

被害を最小限に抑えるため「私たち結婚しました」の制作スタッフは、すぐに決断を下すべきだった。速やかにイジュン&オ・ヨンソカップルの降板を決め、新しいカップルを投入していれば、事がここまで大きくならなかったはずだ。しかし「私たち結婚しました」は「強行突破」を選択した。視聴者の非難や疑心の眼差しは更に激しくなったが、簡単にイジュン&オ・ヨンソを手放せなかった。「私たち結婚しました」の失敗の原因はここにある。

もちろん制作スタッフがイジュン&オ・ヨンソカップルを手放すことは容易ではなかっただろう。ZE:A ファン・グァンヒ&Secret ソナ、ジュリアン・カン&ユン・セア、イジュン&オ・ヨンソで構成された3組のカップルが視聴者から好評を博し、視聴率も上昇傾向にあったためだ。制作スタッフの立場からは、早急にメンバーを交代するよりは今の状態を維持したまま問題を解決するレベルで事態を収拾したかったのだろう。

その結果起こった滑稽な事態が、オ・ヨンソの“公開謝罪”だ。オ・ヨンソをイジュンの前に立たせ、スキャンダルについて公開的に謝罪させる極端な方法を選択したのである。しかし、これは更に大きな非難を招く結果となった。オ・ヨンソがいくら問題を起こした当事者だとしても、基本的にイメージが命の女優だ。全国放送でスキャンダルをいちいち解明することは、彼女にとってはあまりにも残酷な仕打ちだった。これを見る視聴者もまた、気分が良い訳がない。

放送では、イジュンがオ・ヨンソの謝罪を受け入れ、確執を解消することで終わったが、その場しのぎの対策で傷ついたアイデンティティは回復できない。所属事務所は「『私たち結婚しました』に関することではない」と解明したが、イジュンがファンカフェに「僕はロボットなのか? 誰のために続ける? 我慢できるだけ我慢したし、僕にも意見というものがあるのに。あの人は心から謝ったことがあるのか? 目に見えているのに騙すのも申し訳ないし、僕も人間なんだから目に見えるような嘘の演技はできない」と意味深な書き込みを掲載し、事件が収拾のつかない方向に向かったのもこのためだ。

結局イジュン&オ・ヨンソカップルは、番組降板という選択肢を選んだ。既に生命力が尽きたイジュン&オ・ヨンソカップルを無理やり引っ張ろうとした試みが失敗したのは、ある意味当然なのかも知れない。残念ながら、制作スタッフが思ったほど視聴者は単純ではなかったし、また簡単に忘れたりもしなかった。下手に事件をごまかそうとして、むしろダメージを大きくしてしまったのだ。

制作スタッフの対応の手遅れがもたらした悲劇
この過程で最も大きなダメージを受けたのは役者たちだ。特にオ・ヨンソの仮想の夫と言う理由だけでスキャンダルの主人公になってしまったイジュンの立場は本当に気の毒だ。彼の言葉通りイジュンは「ロボット」ではない。事件が発生してからも、何もなかったように行動せざるを得なかった彼は、今までどれだけ混乱し、不便だっただろうか。「私たち結婚しました」の制作スタッフは、彼にあまりにも思い荷物を背負わせた。

オ・ヨンソもまた気の毒だ。事件の原因の提供者だが、彼女もまた一人の若い女優に過ぎない。十分恋愛も出来るし、スキャンダルを起こすこともある年齢だ。ただ「私たち結婚しました」に出演していたという原罪があまりにも大きく、思った以上に事件が複雑に展開されたという点もまた致命的だった。その代わりオ・ヨンソは、出来る限りの線で最善を尽くした。異例の公開謝罪もし、あらゆる非難も甘んじて受けた。このような側面からみると、彼女もまた被害者だ。

本当に非難すべき人は、「私たち結婚しました」の制作スタッフだ。番組全体の構成と方向をリードするのは制作スタッフの仕事だ。役者いびりはここら辺にして、「私たち結婚しました」側の徹底した反省と省察を求める時だ。スキャンダルが浮き彫りになったとき、制作スタッフがよりスピーディで賢い判断を下していたら、イジュンとオ・ヨンソがここまでお互いに傷つき、“不名誉退場”をしなくて済んだだろう。綺麗に解決できた問題を、1ヶ月も引っ張った優柔不断は、非難すべきだ。

シーズン4にリニューアルし、上昇傾向にあった「私たち結婚しました」は、今回の事件で視聴者の信望と信頼を完全に失った。リアルとコントの境界で危うい綱渡りをしていた「私たち結婚しました」は、アイデンティティの根幹が揺るぎ始め、番組の存在の根拠さえも弱くなってしまった。これは全て制作スタッフの手遅れの対応によるものであることを自覚すべきだ。

出番と潮時を判断できることほど美しいことはない。イジュンとオ・ヨンソのタイミングを逃した別れは、お互いにあまりにも大きいダメージだけを与え、思い出さえもない「悪夢」になってしまった。果たして「私たち結婚しました」は今回の事態を無事に乗り越え、視聴者から愛される番組に生まれ変われるのか。八方塞がりとなった「私たち結婚しました」の姿が、いつにも増して危うく見える。


「私たち結婚しました」MBLAQ イジュン&オ・ヨンソ、傷だけが残った5ヶ月間の仮想結婚

アイドルグループMBLAQのイジュンと女優オ・ヨンソがMBCバラエティ番組「私たち結婚しました」シーズン4から降板する。昨年9月から5ヶ月間、仮想夫婦として出演してきた二人は、自身や制作陣に取り返しのつかない傷を残し、結婚生活を終えることとなった。

二人の降板は危機に陥っていた「私たち結婚しました」の人気上昇と相まって、人々の心を痛めた。「私たち結婚しました」は人々から関心を集められなかったシーズン3とは違った。ZE:Aファン・グァンヒ&Secretソナカップルが脚光を浴び、他の夫婦たちにもスポットライトが当てられた。“明らかな演技”で片付けられていた「私たち結婚しました」の真実性が蘇り、視聴率も回復を見せた。

「私たち結婚しました」は、本当の夫婦ではないということを知った上で楽しむ番組ではあるが、そのからくりが絶対に表面に表れてはならないバラエティ番組だ。視聴者にとって、仮想夫婦同士が本当に交際しているかは重要ではない。しかし、だからといって二人に他の恋人がいてもいいというわけではない。

出演者と視聴者の間には「実際に結婚している仲ではないが、互いに好感を持っている」という暗黙の了解が存在しているためだ。これは、某番組のアイデンティティとも直結する問題だ。再び全盛期を迎えた「私たち結婚しました」が、たった一回の熱愛騒動で大きな打撃を受けたのは、この特殊な番組のアイデンティティがあるためだ。

今回のことが大きな傷を残した理由は、制作陣と出演者の未熟な対応のためだ。オ・ヨンソの所属事務所は一度イ・ジャンウとの熱愛を認めたが、その後「同僚関係に過ぎない」として熱愛疑惑を否定した。オ・ヨンソとの熱愛疑惑が浮上したイ・ジャンウは、これまで一度も公式コメントを出していない。

視聴者の立場からすると、オ・ヨンソとイ・ジャンウの関係を誤解せざるを得ない状況なのだ。制作陣の対応も未熟だった。イジュンとオ・ヨンソを番組からすぐに降板させることが、番組の真実性を維持させる唯一の方法だったが、最後まで撮影を強行した。イジュンは目に見えるほど苦しんでいた。彼の辛い心境は、結局外に漏れるハプニングを生んだ。

賢明で素早い対応があったのならば、出演陣と制作陣はこのように大きく傷つけられることはなかったのだろう。熱愛疑惑で両側が困惑したのは理解できるが、対応があまりにも未熟だった。


シーズン3の事を”人々から関心を集められなかった”とか”明らかな演技”とか、シーズン3のカップルも大好きだった私にとっては何だか納得がいかない内容ですが・・・
視聴率が取れなかった事をまるで出演者のせいにしているような内容ですが、ストのせいで放送が中断し、視聴者を興醒めさせたのはMBCのせいですよね。

イジュン&ヨンソの件に戻ります・・・
騒動の後に初めて二人が顔を合わせた回をチラっと見たんですけど、何となく”修復不可能”な気がしていました。
二人の事を応援していた人達にとっては凄く辛い事だと思いますけど、無理に続投したって【偽り】だと言われるのは分かりきっているし、スキャンダルがあった以上は下車させるのが一番賢明な選択だろうなと思います。


★☆★☆★☆★☆既出のテーマ☆★☆★☆★☆★
いつでもご意見コメント受付中です

過去のテーマ
http://blog-imgs-44.fc2.com/a/y/u/ayumu777/yongseotheme130115.html

直近のテーマnew024_38.gif

◆何度もリピートしてしまうお気に入りシーン(エピソード)は?
http://ayumu777.blog36.fc2.com/blog-entry-2033.html

◆ヨンファへの愛を感じたソヒョンの言動は?
http://ayumu777.blog36.fc2.com/blog-entry-2036.html

◆ヨンソペンのみなさん!どうやってヨンソ不足を解消しますか?
http://ayumu777.blog36.fc2.com/blog-entry-2042.html

◆「ソヒョンって実は天然?」と思うシーンは?
http://ayumu777.blog36.fc2.com/blog-entry-2048.html

◆実際にあなたがやってみたいヨンソデートは?(そのデート、CNメンバーの誰とやってみたい?)
http://ayumu777.blog36.fc2.com/blog-entry-2051.html

※たくさんのご意見をいただきたいので、複数回答、一言コメント、名無しコメントOKです。
※超マニアックな回答でもOK!(むしろ大歓迎)
※締め切りはありませんので、ご意見をご自由にお書き下さい。(アンチコメは即削除しますが・・・)
※ご意見コメントは、【本日のテーマ】シリーズのそれぞれ該当する記事にお願いします。



h05.gif図2



発売情報new017_10.gif

RE:BLUE SPECIAL LIMITED EDITION(韓国盤)


【CNBLUE】Arena Tour 2012~COME ON!!!~@SAITAMA SUPER ARENA [DVD]
12121405234217.jpg
関連記事
ブログランキング参加中です!
この記事が参考になったら応援クリックをお願いします♪⇒⇒
ブログランキング・にほんブログ村へ

tag : CNBLUE チョン・ヨンファ


スポンサーリンク


Instagram

| (韓国エンタメ)CNBLUE | 22:04 | コメント投稿:10 | トラバ:0 | TOP↑



COMMENT

こんばんは~
あゆむさん 良くなって来たみたいですね
娘も今日から登校しました。インフルエンザは五日間の登校禁止なんですね。
ウギョルの記事ありがとうございました。
つくずくヨンソは永遠!って 本当に嬉しいですね
下車するなど、対応が遅いですね
まだ 油断大敵 お大事になさって下さいね

| ヨンソ時代 | 2013/01/30 22:53 | URL |

やっぱり

あゆむさん、体調戻りつつあるようで、なによりです。でも、無理してぶり返さないようくださいね(^o^)

イジュン、オヨンソカップルは、やっぱりなって感じです。シーズン4は、見ていてドキドキしないんです…ヨンソは今もドキドキするのに…でも、ウギョルペンとしては、頑張ってほしいです。
そして、シーズン2のメンバーで再婚企画してほしいです(^o^)
今日、Twitter上に2pmのテギョンとkaraのニコルが、ウギョルワールド番に参加か?って、記事があがってましたね。相手は、日本、中国の芸能人と…。
とっても気になります。

| ユカリン | 2013/01/30 23:59 | URL |

しょうがいないか

こんばんは あゆむさん すーくんです

まあ しょうがいないか 
若い二人にはいい経験になったと何年後かに笑って話せようになってほしいです。

| すーくん | 2013/01/31 00:52 | URL |

おひさしぶりです☆

私もシーズン3のウギョルが好きだったので
視聴率が悪いと言われるのが悲しいです(>_<)
確か、順番的にはエクボカップルの代わり
という感じでしたよね!
トゥギが兵役あったのでどうしようもなかった
ですが、こんなことならエクボカップルを
もっと見たかったです(^^)

ウギョル今は見てないですけど、
企画的には好きなので、終わりではなく
番組は続けてほしいと思います☆

| しょうこ | 2013/01/31 01:22 | URL | ≫ EDIT

あゆむさん、少しでも体調回復されてよかったですね!
今年の風邪は長引きますので、お大事になさってくださいね!!
イジュン&ヨンソの降板、私もやっぱり・・・と思いました。
MBLAQのことはよく知りませんが、イジュンって嘘のつけない
真っすぐな普通の男の子っていう感じがアイドルっぽくなくて
好きなんです。ヨンファと仲良しですしね♪
あの一件のあとのイジュンのツイをみて、事務所は関係ないと弁解していましたが
やっぱりWGMのことを言っていたのではないかな、と思っています。
イジュンつらそうでしたし、降板してよかったのではないかなと思います。
あのまま続けても真実味はないですもんね。

| ♪makimaki☆ | 2013/01/31 02:42 | URL |

体調が回復されているようで
良かったです。ご無理のない様に。。。

イジュン&オヨンソカップルは、やはり。。。
という結果になりましたね。カップルのファンや
彼ら各々のファンにはとても辛いことだと思います。
そして、記事内容について私もあゆむさんと同じ思いです。
私はトゥクソラカップルも大好きなので、シーズン3の事を
いつもあの様に書かれるのは辛くて悲しいです。
シーズン3だって視聴率が良い時もあったんですから。。。
どのカップルもそれぞれの形でファンの心をときめかせて
くれてるのですから。。。ごめんなさい、テンション下げて
しまう様なコメントになってしまいました(;;)
でも、EPを観て、やっぱり気持ちはある!と確信してます^^

| ヨンソlove | 2013/01/31 08:38 | URL |

そうですね~。制作側にも責任がありますね・・・
皆無ではないですね。
始めヨンソのニュースが流れ、ヨンファとソヒョン?と
ビビりながら、ニュースを見ると今のウギョルだった。
何だか、しっくりときませんね・・・。


昨日のコメントの返信有難うございます^-^
あゆむさんのバックハグにも、萌えとりますよ~!!
おまけに、ポッポも^^
また、皆さんにも聞いてみたいもんですね~^^
(下品かな?^^;)

| ヒョンセニョリータ | 2013/01/31 09:24 | URL |

何だか最近の風邪は咳が凄く残るみたいですね。それに色んな流行りものもありますし、あゆむさんも皆さんもお大事にしてくださいね。

ウギョルの記事は何だか複雑~(*_*)
ジュンくんが一番かわいそうな気が…
でもこれで、やっぱり演技ではできない番組だと証明されましたよね。
ヨンソもその他の出演者も本物もしくは本物に近い気持ちで挑んでるんだなと。もちろんヨンソは本物でー(^^)d

| ゆうくりーむ | 2013/01/31 09:30 | URL |

あゆむさん、こんばんは。

下車が決まりましたね。
二人とも何か可哀想だったので、もっと早く下車させてあげて欲しかったですね。

このカップル、ヨンソみたいに初々しい感じが好きだったので。。。本当に残念です。

| のん | 2013/01/31 20:31 | URL | ≫ EDIT

あゆむさん、こんばんは。

名前がヨンソだし、ミニョのポッポ相手だし、
気になってましたが、やっと下車でホッとしました。
なんだか、棚ぼたもヨンソさんを素直に見れなくて。
ただ、イジュン君が早く元気になってくれることを
祈るのみです。

でも、やはりウギョルはバラエティでも気持ちがないとできないとよ~くわかりました。
ウリヨンソはあまり演技もお上手な方ではなかったですし...。
未だにドキドキ照れてしまいます。

あゆむさん、回復途上くれぐれもお大事にしてくださいね。

| yukiko | 2013/02/01 02:41 | URL |

スポンサーリンク















非公開コメント
管理人からの返信コメの際にお名前公開NGな場合は【名前非公開希望】とコメント欄にお書き下さい。その場合「鍵コメさんへ」というタイトルでお返事させて頂きます。

TRACKBACK URL

http://ayumu777.blog36.fc2.com/tb.php/2053-e3df6bd9

TRACKBACK

新しいページ | PAGE-SELECT | 過去のページ