明日への扉

コスメ&美容に興味あり。オススメのコスメやモニター当選品のレビューなど、自由気ままに書きます。

新しいページ | PAGE-SELECT | 過去のページ

 スポンサーリンク

≫ EDIT

本日のテーマ@ヨンソのウギョル(2013/2/15)

【スターコラム】CNBLUE、僕たちが演技をする理由 ― Vol.2

1_20130215223327.jpg

4人組のバンド、CNBLUE。2010年1月、韓国の音楽界に彗星のごとく登場し、デビューアルバムのタイトル曲「一人ぼっち」で数々の音楽番組で1位を獲得し、韓国音楽界に新しい風を吹き込んだ。その後、CNBLUEは歌手の分野に止まらず、俳優というタイトルでお茶の間をノックし始めた。リーダーのジョン・ヨンファを始め、イ・ジョンヒョン、カン・ミンヒョク、イ・ジョンシンは新たな夢を見始めたのだ。NAVERスターコラムでは彼らが役者に挑戦するようになった理由、今後の俳優としての夢を聞いてみたいと思う。/編集者


こんにちは!CNBLUEのジョン・ヨンファです。NAVERスターコラムで2回目に皆さんとお会いすることになりました!だいぶ暖かくなってはいるものの、まだまだ寒いですね(笑)。風邪引いた方はいませんか?!僕たちも熱心に活動しているだけに、健康管理に最善を尽くしています。いつも最高のステージを披露したいと思っていて、風邪を引く時間もないほどですね~さあ、それではここからは本格的にCNBLUEの俳優挑戦ストーリーを始めましょう~

ジョン・ヨンファ:代表、第1話であまりにも率直に答えてくださって、ちょっとショックでした!今日もまた率直な答えを期待しています(笑)。

ハン・ソンホ代表:かなり率直な部分がないとは言えないね。ハハ。今日は演技に対する話をしてみようかな。

ジョン・ヨンファ:はい!それでは1番目の質問!CNBLUEについてとても危機だと思った時期がありましたか??

ハン・ソンホ代表:危機っていうより、選択をしなければならないときがあった。その1番目の選択は、ジョン・ヨンファの「美男<イケメン>ですね」の出演オファーを受けたときで、チームのメインボーカルが空席になってもいいのかなという不安があった。多分他のメンバーもある程度の不安はあったはずだ。あなたたちも日本活動に忙しかったときだろう?深く考えた後、結局ジョン・ヨンファを帰国させて、残りのメンバーは引き続き日本で活動するようにした。

ジョン・ヨンファ:あ、覚えています。日本で公演を終えて戻ったら、メールに台本が入っていました。「これは何だろう」と思ったけど、すぐに帰国しなさいって言われましたね。そのときは本当にショックでした。ハハハ。

ハン・ソンホ代表:ジョン・ヨンファが演じたカン・シヌという人物は、女性視聴者が好きそうなキャラクターだった。実は脚本家はジョン・ヨンファが出演するのを反対したけど、監督が積極的に推薦してくださった。今振り返ってみると、ジョン・ヨンファが最もうまく表現できるキャラクターだったような気がする。

カン・ミンヒョク:うーん…正直に言って、ヨンファさんがドラマ撮影で韓国に行ってしまって、日本に残った僕たちはどうすればいいか分からずにいました。でも、ヨンファさんなしで3人で活動していたら、実力がだんだん伸びてきました。特にメインボーカルが抜けた席をジョンヒョンさんが一人でカバーしなければならない状況でした。

イ・ジョンヒョン:あ、あのときは本当にもどかしかった。メインボーカルはいないし、チームは継続させなくてはいけないし…でも僕がぼんやりしているわけにはいかない。そのときは本当に歌の練習に明け暮れていました。振り返ってみると、その時の経験は、CNBLUEがもっと丈夫になれるきっかけになったようです。

ハン・ソンホ代表:ハハハ。私はいつも難しい宿題を出して、あなたたちを限界に直面させるスタイルだな。こんなスタイルのせいで、ミンヒョクが泣いたこともある。極限の状況で何かを成し遂げたときに感じる達成感はより長く残るものだと思う。それはあなたたちも認める部分だろう?ハハハ。

カン・ミンヒョク:あえて泣いたと言わなくても…(涙)

2_20130215223328.jpg

ジョン・ヨンファ:僕だけでなく、その後で他のメンバーにも演技をさせたんですね。何か特別な理由でもありましたか?

ハン・ソンホ代表:それ覚えてる?あなたたちをCNBLUEという名の下で集めたとき、あなたたちは大衆音楽をしようとしなかった。人の音楽を認めず、自分だけの音楽をしたがるように見えた。それだけでは絶対発展はないと思ったよ。聞きたくないものも聞くべきで、やりたくないものもやるべきだと思った。演技もそのような脈絡で理解すればいいでしょう。音楽の枠を破って、演技という新たな分野に挑戦することで、あなたたちの考えの幅が広がることを望んでいた。最も大事なものは何だと思う?バンド音楽をするためには、人々にもっと知られて、アピールしなければならない点だ。人々から多く愛されてこそ、バンド音楽もやり続けられるのだから。

イ・ジョンシン:いつから演技をさせたいと思ったんですか?

ハン・ソンホ代表:多分、「Hey You」(3rdアルバム活動時)のときからだった。あなたたちはそのとき、私に不満があったでしょう?振り返ってみると、私もプロデューサーとしてミスがあったと思うアルバムだった。それがきっかけになったようだな。勿論、「Hey You」以前にも演技に対する話をしたけど、あなたたちがもっと愛されると、やりたい音楽をもっと長くやり続けられると思った。勿論、演技をさせることに対して不満があったはずだ。私も分からないのではなかった。

ジョン・ヨンファ:演技だけでなく他の分野も多いのに、あえて演技をさせた理由がありますか?

ハン・ソンホ代表:さあ…演技を通じてメンバーの魅力がアピールされると、バンドとしての影響力が大きくなると思った。勿論、演技ができないのに無理やりさせたら、それは片意地を張ることに過ぎないけど、才能が見えるから演技をさせたのだ。その才能がバラエティ感覚なら、バラエティに出演させたはずだ。今は慣れない分野だけど、このようなものがアピールされれば、音楽的発展もあると信じている。

ジョン・ヨンファ:それでは代表は、最初から僕たちの俳優としての成功の可能性を高く見たんですか?

ハン・ソンホ代表:違うよ…実はジョンシンとジョンヒョンは、演技は絶対ダメだと思った。会社内部でもそう思っていたし…ハハハ。「紳士の品格」にジョンヒョンが入ったときも、訛りと標準語が微妙に入り混じっていた。正直言って沢山心配していたけど、あそこまでうまくやるとは思わなかった。ジョンシンもそうだし。

イ・ジョンシン:正直に申し上げると、最初に「私の娘ソヨン」を始めたときはとても不安でした。自分の演技力についてはよく知っていましたから。毎日良く眠れないし、台本だけを見てみて、うまくやらなきゃと思っていました。時間が経つにつれて、先入観なしに人々が見てくださって、メンバーも応援してくれるから、前向きに考えるようになりました。第30話からは自分自身に自信を持つようになったようです。

イ・ジョンヒョン:多くの方々から運がいいようだとよく言われましたけど、僕も天運だと思います。ハハハ。

3_20130215223328.jpg

ジョン・ヨンファ:それでは演技をさせるとき、最も心配したメンバーがいましたか?

ハン・ソンホ代表:それがジョンヒョンだった。柔軟性がないから。本人が必要性を感じないと直らないスタイルだ。本人がやりたいと思って演技をしたから、すぐ実力が伸びていた。ジョンシンも周りがサポートしてあげても自分がやりたいと思わないとやらないスタイルだ。

イ・ジョンヒョン:本当に訛りが直らなかったので、苦労しました。でもこれじゃいけない!と思って頑張ったら、2ヶ月で標準語に直せました(笑)。

カン・ミンヒョク:ジョンヒョンさんが訛りで苦労していたとき、メンバーたちが刺激と力になったと思います。あえて「意欲が足りない」とかそんな話をして刺激したんですね(笑)。

イ・ジョンヒョン:メンバーたちが僕のことを知り尽くしているから、巧妙に刺激したんですね。ヨンファさんは「お前がやらないなら僕がやる」という話までしました!!でも不思議なことに、そんな話を聞いていたら、引き続きやりたくなって熱心に頑張りました。

ジョン・ヨンファ:では僕とミンヒョクはどうですか?

ハン・ソンホ代表:ミンヒョクは少しずつ積んでいけば、花が咲くようなスタイルだと思った。そこで小さい役目からさせた。ヨンファは大きな役目もうまくこなすスタイルだ。耐え難いものも、うまくやってくれた。ヨンファはより多くを経験して、成長してほしいと思う。これは始めて言うことだけど、皆が各自の居場所で自分の役割をうまく果たしてくれていて、本当に胸がいっぱいになっているよ。

ジョン・ヨンファ:最後に、僕たちに望むことがあれば率直に話してください。

ハン・ソンホ代表:望みがあればば、4人ともに同じ時期に演技活動をすればいいと思う。スケジュール調整がとても難しいよ!!今年は良い作品に会ってほしい。歌手としては「Re:BLUE」アルバムがさらに成熟するきっかけになったので、より多様な音楽を試みたらいいと思う。特にあなたたちが新しいことを恐れないでほしい。良い事例を残すバンドになってほしい。

さあ、僕たちが演技に挑戦したビハインドストーリーはいかがでしたか?ここに書けなかった話があるとすれば、僕たちは本当に死ぬ思いで練習し続けたという点です。本当に歯を食いしばって練習した記憶が…(涙)。勿論、まだまだ足りないと思うけど、音楽と演技、二兎を捕まえるCNBLUEになるように熱心に頑張ります!さあ、最後の第3話ではCNBLUEメンバーのおしゃべりを聞かせますが、メンバーが言う本音を聞きたいと思いませんか?それでは少しだけ待ってください!

4_20130215223329.jpg


ハン・ソンホ代表
ヨンファがウギョルに投入されるに至った知られざる秘話とか、その他ウギョル系のお話をヨンソペンだけにこっそりと教えてもらえると、と~~~っても嬉しいんですが・・・



ソシ来日
U7UGgvO.jpg
F9JboVe.jpg

ソヒョンが履いているGUCCIのファースニーカーは・・・
BweN2cZ.jpg
bHEy0N2.jpg

去年の誕生日に台湾ヨンソペンから贈られたソンムルです
733ffac0gw1e1u5szy90bj.jpg



本日のテーマ

シーンにピッタリなBGM(または二人が口ずさんだ曲)は?(殿堂入りな『サランピッ』と『パンマルソング』は除く)

BGMではありませんが、私はコレ
01374573.jpg

ジョンシンが歌い、マンネ組が指パッチンしていた『愛してもいいかな』

6分24秒~




アーティスト名:유리상자(ガラスの箱)
タイトル:사랑해도 될까요(愛してもいいかな)

以前このブログでも紹介し、歌詞も訳していたのでそのまま載せますね

『사랑해도 될까요』 (유리상자)
愛してもいいかな (ガラスの箱)

문이 열리네요
扉が開いて

그대가 들어오죠
君が入ってくるよ

첫 눈에 난 내 사람인걸 알았죠
一目で僕は 僕の運命の人だと分かったよ

내 앞에 다가와
僕の前に近付いて来て

고개 숙이며 비친 얼굴
うつむいて照らされた顔

정말 눈이 부시게 아름답죠
本当に眩いほどに美しいよ

웬일인지 낯설지가 않아요
何故か 初めて会った気がしないよ

설레고 있죠
ときめいているよ

내 맘을 모두 가져간 그대
僕の心を全て奪った君

조심스럽게 얘기할래요
慎重に話をするよ

용기내볼래요
勇気を出してみるよ

나 오늘부터 그대를 사랑해도 될까요
今日から君を愛してもいいかな

처음인걸요
初めてだよ

분명한 느낌
確かな気持ち

놓치고 싶지 않죠
逃したくないよ

사랑이 오려나봐요
愛が訪れようとしているようだ

그대에게 늘 좋은것만 줄께요
君にはいつも 素敵なものだけあげるよ

웬일인지 낯설지가 않아요
何故か 初めて会った気がしないよ

설레고 있죠
ときめいているよ

내 맘을 모두 가져간 그대
僕の心を全て奪った君

참 많은 이별
本当にたくさんの別れ

참 많은 눈물
本当にたくさんの涙

잘 견뎌냈기
よく耐え抜いてきた


だから

좀 늦었지만 그대를 만나게 됐나봐요
少し遅くなったけど 君に出会えたみたいだ

지금 내 앞에 앉은 사람을 사랑해도 될까요
今僕の前に座っている人を愛してもいいかな

두근거리는 맘으로 그대에 고백 할께요
ときめく気持ちで君に告白するよ

조심스럽게 얘기할래요
慎重に話をするよ

용기내볼래요
勇気を出してみるよ

나 오늘 부터 그대를 사랑해도 될까요
今日から君を愛してもいいかな

처음인걸요
初めてだよ

이 느낌
この気持ち

놓치고 싶지 않죠
逃したくないよ

사랑이 오려나봐요
愛が訪れようとしているようだ

그대에게 늘 좋은것만 줄께요
君にはいつも 素敵なものだけあげるよ

내가 그대를 사랑해도 될까요
僕は君を 愛してもいいかな


日本語訳:あゆむ



ジョンヒョンが「兄貴の義姉さんに対する気持ちを俺が歌ったんだ」と言っていましたけど、本当にヨンファに愛が訪れたんですもんね


みなさんが、シーンにピッタリだと思うBGMやお気に入りのBGMを教えて下さいね
タイトルが分からなくても、”○○のシーンで流れていた曲”って感じで大丈夫ですよ


★☆★☆★☆★☆既出のテーマ☆★☆★☆★☆★
いつでもご意見コメント受付中です

過去のテーマ
http://blog-imgs-44.fc2.com/a/y/u/ayumu777/yongseotheme130213.html

直近のテーマnew024_38.gif
◆実際にあなたがやってみたいヨンソデートは?(そのデート、CNメンバーの誰とやってみたい?)
http://ayumu777.blog36.fc2.com/blog-entry-2051.html

◆『最強妻・ソヒョン』と思ったシーンは?
http://ayumu777.blog36.fc2.com/blog-entry-2056.html

◆ソヒョンがヨンファに心を開いた(気楽に接する事ができるようになった)と感じる言動は?
http://ayumu777.blog36.fc2.com/blog-entry-2060.html

◆ヨンファがソヒョンに心を開いた(気楽に接する事ができるようになった)と感じる言動は?
http://ayumu777.blog36.fc2.com/blog-entry-2063.html

※たくさんのご意見をいただきたいので、複数回答、一言コメント、名無しコメントOKです。
※超マニアックな回答でもOK!(むしろ大歓迎)
※締め切りはありませんので、ご意見をご自由にお書き下さい。(アンチコメは即削除しますが・・・)
※ご意見コメントは、【本日のテーマ】シリーズのそれぞれ該当する記事にお願いします。



h05.gif図2


発売情報new017_10.gif

RE:BLUE SPECIAL LIMITED EDITION(韓国盤)


BEST SELECTION NON STOP MIX
695_pc_popup_20130215224954.jpg
関連記事
ブログランキング参加中です!
この記事が参考になったら応援クリックをお願いします♪⇒⇒
ブログランキング・にほんブログ村へ

tag : 本日のテーマ@ウギョル 私たち結婚しました ウギョル チョン・ヨンファ ソヒョン ヨンソ CNBLUE 少女時代 SNSD


スポンサーリンク


Instagram

| (WGM)【シリーズ】本日のテーマ | 23:21 | コメント投稿:27 | トラバ:0 | TOP↑



COMMENT

新居

こんばんは あゆみさん すーくんです

BGMとは違うかもしれませんが、
新居にオンニたちを招待したときに歌っていて、
特にヒョソンが身悶えしてた『ランデビルラン』です。

あのシーンとても大好きです。

| すーくん | 2013/02/16 00:08 | URL |

あゆむさん、こんばんわ☆
コメントはお久しぶりですが、毎日チェックは欠かせません(笑)
ヨンソカップルも3周年を迎え、少女時代もCNも世界へ大きく羽ばたいてるのが凄く嬉しいです♡
最近は韓国での活動も重なり、2人が同じ番組に出演する機会も増えヨンソペンにとってはドゥグンドゥグンでしたね♪( ´▽`)笑
私もジョンヒョンが弾語り(指パッチン♡)をした曲が大好きです
気になってたらあゆむさんのブログで発見して、とても嬉しかったのを覚えてます。
丁寧に原曲まで載せてくれてて…
でも、私はCN君バージョンが好き♡笑
あと、ラストepに歌った曲も好きです。

| Energy | 2013/02/16 00:17 | URL |

いやいや、

訳まで付いて、ピッタリな例を出されてしまうと、何も言えなくなってしまいますが、敢えて言うなら、釣り堀の後の初めての手繋ぎの時かな。

| kiki | 2013/02/16 00:22 | URL |

あゆむさん、こんばんは(^^)

私も断然この曲です!!
傷つけないように慎重に話をして、勇気を出したおかげでソヒョナの心を開き、そしてヨンファにも愛が訪れたんですもんね。ほんとにぴったりで、大好きです。

指パッチンがほんとに微笑ましくて、私がCNくんたちに興味を持つきっかけになった曲でもあります(笑)。ほんとに微笑ましいですよね(^^)

| のん | 2013/02/16 00:36 | URL | ≫ EDIT

ラストエピにピッタリなBGMだと

最後もきちんと歌で〆てくれたジョンヒョンが歌った
ジャタンプンの「君にとって僕は、僕にとって君は」です!
もともと映画「クラシック」(韓国題)で大好きになった歌
でしたがあの練習室の時も泣けました。
本当にウギョルでの思い出が綺麗な絵のように2人の中に
いつまでも残って欲しいです♡

| kunikofany | 2013/02/16 01:00 | URL | ≫ EDIT

ソヒョンの靴可愛いですね~^^
モコモコとしていて^-^
台湾のヨンソペンさん!!センスいいですね!!

では、お題を^^
ミルダン最中で会えない時の感情は、この気持ちかな?
MISIAの”会いたくて今”かな?ウギョルの映像では
にのですが・・・^^

みなさんは、どんな曲を選ばれるのか?楽しみ^-^


| ヒョンセニョリータ | 2013/02/16 08:39 | URL |

やはり

ラスト回のスタジオで歌う。(ノエゲナン)?で始まる曲です!映画The Classicでも使われた名曲、ソヒョンもウルウル、スタジオの皆さんも歌って、しんみり、何度みても、歌詞を読んでも、ウルウルです。

| おひさま | 2013/02/16 10:39 | URL |

こんにちは。

ウギョルって BGMが上手いですよね。
効果音抜群で笑い転げる場面がけっこうありますよね。

たとえば
釣り堀でヨンがサランピはソヒョンを思って書いた曲だと告白した時は、BGMのおかげでよりロマンチックになったし
ミルダン明けの練習室では まず 200日記念日に歌うランデビルランが その時のヨンにぴったり合っていて笑えたんですけど、そのあと トレックスと撮影したと写真を見せた時のBGMの上手いこと!!!ヨンのあせりと嫉妬を本当に上手く音楽に表してますよね。

ほかにももっとあるとおもいますが、先程見て笑えた場面だったのでここにしました。

| こう | 2013/02/16 11:17 | URL |

こんばんは!いつも読ませてもらってますが初コメントです♪
私は釣り堀の帰りにソヒョンがkissing youを歌うところが大好きです☆あの時のソヒョンの気持ちにピッタリだな~って思います(^-^)

| みつこ | 2013/02/16 13:26 | URL |

今日は

昨年のソウルコンから続いている
 ヨンソ祭り はいつまで?・・・
派手な花火でなくてもいいから少しづつでもいいから
お祭り期待しちゃいます!!

お気に入りのBGMは川越EPでヨンファが告白したとき
に流れたフォーク調のギターで弾き語りのような
優しいハーモニーの「フォー・・・・」何とか言う曲だったような?

ヨンソウギョルしか知りませんがBGMがすごく素敵だと思いました^^

| 韓ドラ | 2013/02/16 15:05 | URL |

あゆむさん、お久しぶりです。

私のお気に入りの曲は釜山でカモメに追いかけられた時に流れていた曲です。
爽やかな歌で2人にピッタリでしたが誰の曲が解らなくて(T_T)

コグマが思ったように掘れなくて悲しみのなか流れていたBGMもアイドルなのに農夫姿が似合う2人に合っていました。

本当に番組スタッフのセンスに拍手です。

| かずぅ | 2013/02/16 17:55 | URL |

あゆむさん、こんばんは☆

私もジョンヒョンが歌って、マンネ2人が恥ずかしそうに指パッチンしてたこの曲かな~
今まで、ジョンヒョンが作った即興の歌だと思ってました(^_^;)
だってあまりにもあの状況にピッタリだったから・・・

あの時のヨンファのうれしそうな顔がたまらなく好きです♡

| min | 2013/02/16 18:19 | URL |

あゆむさん、こんばんは!
私もあゆむさんと同じ「愛してもいいかな」は断トツで、初めて和訳見た時ピッタリすぎて鳥肌たちました。*\(^o^)/*
他は、やっぱりBGMではないけどパンマルソングを作った後バスケをしながらスラムダンクの「君を好きだと叫びた〜い!」って、歌いながらシュート
ヨンファの本音じゃないの⁇(≧∇≦)
て、ドゥクンドゥクン「僕の気持ちうけと〜めて〜♪」って言ってない?ヨンファさん(#^.^#)

| 和3 | 2013/02/16 20:03 | URL |

あゆむさん、こんばんは(*´∇`)ノ♪
私は釣堀epの初手繋ぎの時にソヒョンが口ずさんだ「kissing you」が好きです。何気に出たこの歌はソヒョンの気持ちそのままかなーと思います。
あとは、パンマルソングを作った後に、バスケ場に着いてヨンが駆け出しながら歌ったスラムダンクの主題歌ですね。歌に託けて告白してますよね(笑)
BGMも素敵なのがたくさんありますが、2人やCN君達が歌った歌の方が印象に残ってます。

| miasho | 2013/02/16 22:34 | URL |

こんばんは

久しぶりのコメントです。

ピッタリなBGM、最終epのジョンヒョンが歌った『君にとって僕は、僕にとって君は』です。映像とピッタリで本当に泣けました。このシーン、ああ青春だなぁなんて感じていました。

| ももさっち | 2013/02/16 22:36 | URL |

こんにちは!

いつも丁寧な記事に感謝しています(^_^)/
あゆむさんの素敵な訳に感動しました…
もう1曲好きな曲があります曲名が思い出せなったのですが
最終EPでやっぱりジョンヒョンが歌った
”想いでを絵のように残したい…”とか言う詩だったような
すみません、曖昧で<m(__)m>
2曲ともジョンヒョンのフルで聴いてみたいです。

| usapyonku | 2013/02/17 14:24 | URL | ≫ EDIT

こんばんは~。
指パッチンの『愛してもいいかな』と
ラストepの『君のとって僕は、僕にとって君は』は
どちらもあの場面にあまりにもぴったりで
見るたび聴くたびにキュンとしますv-343

そんな曲たち以上にキュンキュンするのが
ウェディングep予告編で流れた
『Sweet Holiday』ですv-465
いつもキュンと切なくなってウルウルしちゃいます(*^_^*)

| ちゃまりん | 2013/02/17 20:17 | URL |

かずぅさんへ

あの曲は、ドラマ『シークレットガーデン』のOST”Appear”です^^
http://youtu.be/12ftTKmh1IE

♪どうして僕の目の前に現れるんだ~
♪君がしつこく現れるんだ~

って、あの時の状況にピッタリですね^^;

| あゆむ | 2013/02/17 21:20 | URL |

usapyonkuさんへ

自転車に乗った風景の『君にとって僕は、僕にとって君は』ですね^^
以前、訳を載せたことがありますので、参考までに・・・

http://ayumu777.blog36.fc2.com/blog-entry-1583.html

ジョンヒョンの選曲はとってもその状況にピッタリ合っていますよね^^

| あゆむ | 2013/02/17 21:22 | URL |

指ぱっちん、かわいかったですね^^
最終回エピでジョンヒョンが歌ってくれた歌も良かったですよね^^
ナイス選曲と思いました。
これも以前に取り上げてくださったかもしれないんですが、
最後のミッションカードを読んでるときに流れたBGMも好きです。
最後なんだっていう切なさが伝わってきます。

| kogumax | 2013/02/18 00:00 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013/02/18 06:12 | |

こんにちは

あゆむさん、いつも丁寧な文章、情報をありがとうございます。

BGMとは違うかもしれませんが、健康管理のために二人が病院に行くのに歩いている道で…
CNBLUEのLOVEを歌うシーンが好きです。
ヨンファが、“ユーノー”というとソヒョンが“アイウァー”
“ホーハー”“ゲッゲッゲチャーラブ”とやりとりする場面。

何だかイイですよね。釜山から帰ってより親しくなった感じがして。

| emyu0110 | 2013/02/18 11:33 | URL |

こんばんは

あゆむさん、お忙しい中ありがとうございます。
早速、訳を拝見しながら曲を聴いて感動しています<m(__)m>

| usapyonku | 2013/02/18 23:14 | URL | ≫ EDIT

あゆむさん、おはようございます。
いろいろとみなさんのコメントを
読ませてもらって、あぁーあぁーと
それもあれもあったな~と楽しませて
もらいました!!

私は、釣堀EPのソヒョンの「Kissingyou」
もともとソシの歌でも好きだったのに
ソヒョンが自分の気持ちとして歌ったのが
すごく嬉しかったな~(^-^)

| おまめ | 2013/02/19 07:19 | URL |

こんばんは

あゆむさんが紹介してくださっている
「愛してもいいかな」
みなさんもコメントされている、
「君にとって僕は、僕にとって君は」
この2曲は、歌詞が二人にぴったりですね(*^_^*)
またジョンヒョンの優しい声が曲にぴったり合っていて、
より魅力的なものに聴こえました。
原曲もとっても素敵ですね、ソプラノサックス(かな?)の音色に癒されます。
「愛してもいいかな」いつかヨンソの二人にデュエットしてもらいたいななんて思ってしまいました。

脱線しました・・・すみません


ビリヤードエピの帰り道、ソヒョンがヨンファをおんぶした時~家に入るまでに流れた曲が、2人の雰囲気にぴったりだな
って思いました(*^_^*)

| マギー | 2013/02/19 23:41 | URL | ≫ EDIT

私もソヒョンが弟3人と初対面EPで
兄思いの弟3人がヨンソに贈った曲です。
「なんなの~?ヨンの気持ちにピッタリやん!」と
感動します。

あと、スキー場へ行った時バスを降りるときの
ヨンファの鼻歌。どんだけソヒョンといるのが
嬉しいの!?嬉しさが隠し切れないヨンが可愛いです。

| ヨンソlove | 2013/02/22 12:11 | URL |

ラストepでジョンヒョンが歌ったあの曲!!
あれが大好きです(〃ω〃)
ぴったりでしたよね、歌詞の内容が。
ソヒョンもインタビューで風景のように美しい思い出にしたいって言ってましたし。

ジョンヒョンの切ない歌声が涙を誘います(・_・、)

| ★☆CHOBI☆★ | 2013/03/17 13:08 | URL |

スポンサーリンク















非公開コメント
管理人からの返信コメの際にお名前公開NGな場合は【名前非公開希望】とコメント欄にお書き下さい。その場合「鍵コメさんへ」というタイトルでお返事させて頂きます。

TRACKBACK URL

http://ayumu777.blog36.fc2.com/tb.php/2069-3d949074

TRACKBACK

新しいページ | PAGE-SELECT | 過去のページ