明日への扉

コスメ&美容に興味あり。オススメのコスメやモニター当選品のレビューなど、自由気ままに書きます。

新しいページ | PAGE-SELECT | 過去のページ

 スポンサーリンク

≫ EDIT

【CNBLUE】ORICON STYLE インタビュー記事

こんばんは~!
疲労度97%です・・・。
今日は貼り逃げします。
ごめんなさい!!

ORICON STYLE インタビュー記事
http://www.oricon.co.jp/music/interview/page/518/

――シングル「Blind Love」は、ジョンヒョンさん作詞・作曲による、新たなラブソングとなっていますね。
【ジョンヒョン】 僕たちのファンの人にはもちろんですが、普通に道を歩いているときとか、ふとこの曲を耳にして、あっいい曲だなって思われるようなものを目指して作りました。ラブソングってみんな好きだし、共感できる人が多いから、歌詞もシンプルにわかりやすく書きました。

――情景が浮かんできますよね。内容は過去の恋愛相手をずっと思い続けている内容ですが、全体的に切なさがありつつも、それ以上に温かさを感じました。 【ジョンヒョン】 そもそも僕自身、そういう感じが好きなんですよね。
【ヨンファ】 愛の歌~いいですね~。
【ジョンシン】 歌詞は、一番の聴きどころだと思います。
【ジョンヒョン】 聴く人の状況によって、歌詞の印象がガラッと変わると思います。また春ということで、懐かしい雰囲気、淡い色合いといいますか。全体的にキラキラしたイメージを出しました。
【ミンヒョク】 この間、ライブで初披露したんですけど、レコーディングのときとライブとでは雰囲気が全然違うなと感じました。ライブだと照明が当たったり、特別な効果が融合して、どんどんこの曲にのめり込むことができました。何よりファンのみなさんの反応が良くて、自然とテンションがあがりました。
【ジョンヒョン】 ファンのみなさんがこの曲を感じながら、一緒に口ずさんでくれて嬉しかったです。

――ヨンファさんは、この曲を歌ってみていかがでしたか?
【ヨンファ】 メロディーが簡単で、歌詞も覚えやすくて、いつもより早くレコーディングが終わりました。

――楽曲制作自体はどれぐらいかかったんですか?
【ジョンヒョン】 昨年の年末に思いついて、本格的に取り掛かったのは、今年の1月ぐらいから1週間ぐらいかな。年末の授賞式のときの楽屋裏で作ったんですけど、たくさんのグループがいるから、階段でやってくださいって言われて(笑)。階段でメロディーを作って、うちに帰ってからアレンジをしました。

――でも、人でざわざわしてますよね。
【ジョンヒョン】 僕は、誰かがいるほうが曲が思いつきやすいんですよ。でも、うるさいと曲作りに集中できないから、そのなかで静かな場所を探して、ギターを持っていって作るんです。あと、カフェとかでも、歌いながら曲作りしてますね。

――ひと目は気にならない?
【ジョンヒョン】 まったく気にならないですね。だから、ひと前でも平気でメロディーを口ずさんだりしています。
【ジョンシン】 迷惑です。
【ヨンファ】 ちょっと困ります。
【ジョンヒョン】 そうですよね。ごめんなさい。
【ジョンシン】 嘘です(笑)。
【ヨンファ】 大丈夫です!

――よかったです。では、2曲目の「With your eyes」について。この曲もジョンヒョンさんが手掛けてますね。でも、「Blind Love」とはイメージが異なる、アグレッシブなライブチューンになっていますが。 【ジョンヒョン】 まったく違いますね。

――しかも、歌詞もすべて英詞で。
【ジョンヒョン】 僕たちはまだ23,4才で、今の段階で人生はこんなものだって言ったらおかしいかもしれないですけど、とにかく人生って自分のものだから、自分でちゃんと作っていこう!でも、ひとりで人生は作れるものじゃないし、答えも見つからないから、一緒に探そうっていう、メッセージを込めました。

――恋愛から人生という大きなテーマになっていると。
【ミンヒョク】 今回のシングルは全体的に歌詞がすごくいいと思います!

――3曲目の「Greedy Man」は、ヨンファさん作のこれまた異なるテイストのロックサウンドになっていますね。 【ヨンファ】 この曲は、楽しい愛の歌といいますか、愛にこだわる内容にしてみました。
【ジョンヒョン】 毎回シングルではバリエーションに富んだ楽曲を収録していますが、今回はとくに違うタイプの3曲なので、CNBLIEを感じてもらえると思います。

――今、まさにワールドツアーの真っ只中ということですが。各国で大盛り上がりとなっているそうですね。
【ジョンシン】 台湾、シンガポールとまわって、日本の活動が終わった後、タイと香港に行くんですけど、どの国もみなさん熱狂的に迎えてくださるので、毎回行くのが楽しみですし、僕たちのテンションもあがって、すごくいいライブができているなと感じます。

――ライブごとにバンドとしての進化を遂げているのが、顕著にわかりますからね。
【ミンヒョク】 日本ではZeppツアーで、久々のライブハウス公演になるので、ファンのみなさんと距離が近いぶん、お互いの熱気も伝わりやすいので、すごく楽しみにしています!

――Zeppが大変なことになりそうですね。では、「Greedy Man」の“Greedy=欲”から、みなさんがとくに強い“欲”はなんだと思いますか?
【ヨンファ】 (即座に)睡眠欲(笑)。
【ジョンシン】 僕も!100%睡眠欲!!
【ジョンヒョン】 (睡眠欲は)メンバーのなかで僕が一番強いです(笑)。
【ミンヒョク】 僕も睡眠欲ですね。
【ヨンファ】 今は食べることよりも、寝るほうが大事です。
【ジョンヒョン】 何も考えずに寝るのが一番幸せ。

――みなさん相当お疲れな様子で。
【ジョンシン】 僕はもともと寝るのが好きですから(笑)。

――寝ようとしていたら楽曲が思いついて寝れなくってしまったということは?
【ジョンヒョン】 あります、あります(笑)。音楽をかけながら寝ようとすると、ずっと聞いてしまって寝れなくなってしまうので、常に無音状態にしています。

――夢の中で曲を思いついたり、制作作業に追われたりするようなことはありますか?
【ジョンヒョン】 ないですね~。実際にそういう夢を見たことはないんですけど、見たくないですね。
【ヨンファ】 僕は音楽に関する夢自体、あまり見たことないですね。
【ミンヒョク】 僕も。
【ジョンシン】 僕はほとんど覚えてないですね(笑)。
【ヨンファ】 でも、悪夢は見たいかも(笑)。

――悪夢?ライブで誰もお客さんがいない夢とか?
【ヨンファ】 いやいや、それは見たくないです(苦笑)。お化けが出てきたり、現実に体験できないことを夢の中で体験して楽しみたいですね。
【ジョンヒョン】 でも、やっぱり僕は、睡眠欲よりも食欲かもしれないですね。あんまり量を食べるほうではないんですけど、美味しいものを食べると元気になります!

――では、最後に「Blind Love」では、主人公は別れてしまった相手をずっと想い続けていますが、みなさんは過去の恋愛を引きずる人?すぐに気持ちを切り替えられる人?
【ジョンヒョン】 それは相手によって違うと思います。
【ミンヒョク】 僕はいい思い出だけを覚えているようにします。

――あえてそうしていると?
【ジョンヒョン】 でも、自然といい思い出だけを覚えていたら、悪い思い出は忘れてしまうと思います。そうじゃないですか?
【ヨンファ】 僕はすべて覚えています。むしろ忘れてしまう人が理解できないです(笑)。

――そういった想いが楽曲に反映されると。
【ヨンファ】 はい。常に思い出したり、覚えているわけではないですけど、いいこと悪いこと含めて、すべての経験が楽曲に生かされていると思います。
【ジョンシン】 僕はあんまり覚えているほうではないんですけど、印象的なこと、ものすごくうれしかったこと、逆にものすごく悲しかったことは覚えています。でも、そういった昔のことを思い出して懐かしむようなことは今はないですね。
【ジョンヒョン】 もちろん過去があっての今で、過去も大事だけれど、過去のなかに生きるのではなく、僕らは未来へ向かって突き進んでいるので!このシングルはもちろんですが、ワールドツアーを経てまたさらに成長したCNBLUEをみなさんにお見せしたいと思います。
【ミンヒョク】 みなさん、Zeppでのライブツアーを一緒に楽しみましょう!
【ヨンファ】 新たなCNBLUEをみなさんに感じてもらえるように頑張ります。
【ジョンシン】 カッコいいCNBLUEを音で表現します。ぜひ楽しみにしていてください!



HIGH CUT Vol.101 スヨン&ソヒョン グラビア撮影現場


【お知らせ】
一定期間交流のないブロとも様を定期的に整理させていただいております。
万が一”コメントしてたのに解除されてる”というような事がありましたら下記メールフォームからコメント投稿の際に使用していたお名前とFC2のブログURLをお知らせ下さい。
コメント投稿の確認が出来次第、こちらから再度ブロとも申請をお送りします。
http://form1.fc2.com/form/?id=763996

新規のブロとも受付につきましては下記URLをご確認下さい。
http://blog-imgs-50.fc2.com/a/y/u/ayumu777/blog_friends4.html

★☆★☆★☆★☆既出の『本日のテーマ』☆★☆★☆★☆★
過去テーマへのご意見もいつでも大募集中

過去のテーマ
http://blog-imgs-50.fc2.com/a/y/u/ayumu777/yongseotheme130406.html

直近のテーマnew024_38.gif
◆今、ヨンソの二人に質問するとしたらどんな事を質問したい?
http://ayumu777.blog36.fc2.com/blog-entry-2102.html

◆”あの時、こうしたら良かったのに!”と思う事は?
http://ayumu777.blog36.fc2.com/blog-entry-2107.html

◆笑えたシーンは?
http://ayumu777.blog36.fc2.com/blog-entry-2124.html

◆ヨンファがソヒョンの事を想いながら作詞したと思われる曲(サランピとパンマルソング以外)の中で、どの曲のどの部分(歌詞)が好き?
http://ayumu777.blog36.fc2.com/blog-entry-2132.html

◆一度は訪れたてみたいヨンソゆかりの地は?
http://ayumu777.blog36.fc2.com/blog-entry-2146.html

※たくさんのご意見をいただきたいので、複数回答、一言コメント、名無しコメントOKです。
※超マニアックな回答でもOK!(むしろ大歓迎)
※締め切りはありませんので、ご意見をご自由にお書き下さい。(アンチコメは即削除しますが・・・)
※ご意見コメントは、【本日のテーマ】シリーズのそれぞれ該当する記事にお願いします。



h05.gif図2


発売情報new017_10.gif
the Fnc ver.2 【 CNBLUE ver 】 (韓国版) 【特典:A4クリアファイル付 / 2013年カレンダー付】


AJ [エー・ジェー] (ぴあMOOK)


Blind Love(初回限定盤A)
関連記事
ブログランキング参加中です!
この記事が参考になったら応援クリックをお願いします♪⇒⇒
ブログランキング・にほんブログ村へ

tag : CNBLUE 少女時代 チョン・ヨンファ ソヒョン


スポンサーリンク


Instagram

| (韓国エンタメ)CNBLUE&SNSD | 22:02 | コメント投稿:8 | トラバ:0 | TOP↑



COMMENT

早く寝ます

こんばんは あゆむさん すーくんです
疲労度97%はチンチャおつかれさまです。

ジョンシンは相変わらずですね
僕も疲れ気味なので早く寝ます。
ではでは

| すーくん | 2013/05/15 23:10 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013/05/16 00:56 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013/05/16 10:44 | |

インタビューよかったですね。

みんな睡眠をあげたのにはびっくり~
やっぱり疲れてるんですね。

ゆっくり休ませてあげたいけど・・・
zeppが本当に楽しみです。

| yokko | 2013/05/16 13:14 | URL |

あゆむさん、こんにちは~

今のCNくんたちの気持ち、よくわかりましたよ。
でも、あ~Zepp,Zepp!!

| こうめ | 2013/05/16 15:07 | URL |

あゆむさんお疲れなのに、更新ありがとうございます^^
彼らも、疲れてるんですよね!!即座に睡眠と答えてるのですから、ゆっくりと出来るといいですね~^^

ソヒョンとスヨンの動画有難うございます^^
スタイルいいですね~!!同性でも、ほれぼれしますよ~

| ヒョンセニョリータ | 2013/05/16 15:12 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013/05/16 18:28 | |

YELLOW SEATさんへ

やっとで本当の週末です^^
ここ数日は朝目覚める度に「今日は土曜??・・・あ、違った、今日も仕事だ・・・」とガックリしていました^^;

お勉強をスタートされるとの事。
是非楽しみながら頑張って下さいね!
・・・って、私もやりかけの勉強がたくさんあるんですけどね^^;

お互いに頑張りましょう!!
ファイティン♪

| あゆむ | 2013/05/18 00:35 | URL |

スポンサーリンク















非公開コメント
管理人からの返信コメの際にお名前公開NGな場合は【名前非公開希望】とコメント欄にお書き下さい。その場合「鍵コメさんへ」というタイトルでお返事させて頂きます。

TRACKBACK URL

http://ayumu777.blog36.fc2.com/tb.php/2147-f70dcbe8

TRACKBACK

新しいページ | PAGE-SELECT | 過去のページ